豊中市居住支援協議会 低額所得者、高齢者、障害者の方などの民間賃貸住宅への入居を支援します
豊中市居住支援協議会
豊中市居住支援協議会
パンフレットのダウンロード

活動内容

相談窓口

相談窓口

住宅確保要配慮者(低額所得者、高齢者、障害者、被災者、子育て世帯など)の方で、民間賃貸住宅への入居にお困りの方は、事前にお電話でお問い合わせののち、相談窓口にお越しください。
相談窓口では専門の相談員が、面談により物件に関する希望などをお伺いします。面談には、入居希望者の状態をよく把握されているケアマネージャーや支援者の方となるべくご一緒にお越しください。

居住支援サービス

居住支援サービスの情報提供

入居者の家賃支払に対する不安、身元引受人不在への不安等、家主の方などが持つ不安解消に向けて役立つ居住支援サービスに関する情報収集や情報提供をしています。

セーフティネット制度

住宅セーフティネット制度の普及

高齢者、障害者、子育て世帯など、住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅の供給を促進することを目的に設立された国の制度です。この制度は ①住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅の登録制度、②登録住宅の改修や入居者への経済的な支援、③住宅確保要配慮者に対する居住支援 の3つの柱から成り立っています。 登録住宅(セーフティネット住宅)への経済的支援の情報提供や、登録に関する手続きの相談窓口を紹介しています。また、セーフティネット住宅等の情報も紹介しています。

トピックス